最近のお気に入りボトル

2013.09.06 Friday
 

こんにちは!タツオです。
9月に入り、青空の色には秋の兆しが見えますが、まだまだ残暑が厳しい(汗)
行動時の水分補給が欠かせない日々ですが、最近活躍しているのが少し前に手に入れた
ウォーターボトル。


それがこちらです。
P9021605.jpg
klean kanteen(クリーンカンティーン)のボトルです!

このモデルはCLASSICラインの中のREFLECTシリーズ
Unibody Bamboo、ミラーフィニッシュのモデルです。
容量は27oz/800ml

キャップ、本体共にステンレス製です。


巷に溢れるウォーターボトルの中から私がこの品を選んだ理由は。。
美しいから です(笑)

では細部を見ていきましょう。


P9021608.jpg
ボトルキャップにはバンブー素材が一部に使われています。
見た目ではココにかなり惹かれました(笑)

所でバンブー素材自体の耐久性はどうなんだろう?
まあ使っていけば分かる事でしょう(笑)


P9021611.jpg
半透明の部分がシリコン製のパッキンです。
もちろん交換可能ですよ。


P9021612.jpg
コーティングフリー、つまりステンレスの地のままの内側です。
アルミボトルなどのように内側をコーティングする必要がないので
コーティングの剥がれを気にしたりする事もありません。

ウォーターボトルで気になるのは、使用を重ねていく内に
いつの間にか染みついているにおい。。
そのにおいが染みつく原因のひとつがコーティング材のようです。

コーティングフリーのこのボトルなら多分、その心配もないでしょう!


中身は主に、水、スポーツドリンク、たまにお茶、コーヒーなどを
入れております。
使い初めてまだ3ヶ月程ですが、今の所におい移りは無いですね。


P9021613.jpg
44mm口径で中が良く見え、掃除もしやすいです。
ただし!勢いよくボトルを傾けると中身がこぼれます(笑)

まあ、ゆっくり傾ければ何の問題もありません(汗)


所でこのボトル、日常での使用においてはこのままでなんら問題はないのですが
水の上での使用を考えると1つ心配な事がありまして。。


それは。。
「キャップを水の中に落とすかも」(笑)


という訳で
P9021607.jpg
本体とキャップを細引きで繋ぎました。
パドルリーシュと同じ理屈です。

なんというか、シンプルな解決法を選びました(笑)
見た目は微妙かもしれませんが。。これで安心ですっ


P9021615.jpg
27oz/800mmの大きさはこんな感じです。
容量がありながら結構スリムな形なのでLTデッキバッグ内の収まりも良いです。


P9021606.jpg
道具を選ぶ際、まず考えるのは自分が求める機能が過不足なく備わっているか?
だったりします。

このボトルを選ぶ際にももちろん考えまして、
「シンプル」
「丈夫で長持ち」
「美しい」

こんな条件を満たす物、ないかなーと。
特に「美しい」がポイントで、機能性を追求した結果、道具は必然と美しい形に収まる
のではないかなと思っています。

冒頭での「美しい」は機能も含めた美しさに惹かれた。という事です(笑)

。。見た目の美しさのみに惹かれて道具を買い、散々な目にあった事もありますが(笑)


klean kanteen(クリーンカンティーン)
まだまだ使い始めたばかりですが、かなりお気に入りです。



あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。


東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト 



にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


Submit Comment


Trackback URL:

トラックバック機能は終了しました。



MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode