1990年代のK2 エクスペディション リペア日記 その4

2011.11.18 Friday
 定休日を利用して、久しぶりのK2メンテナンスです。

http://life.kayak-laidback.com/?eid=43
(↑ 前回「1990年代のK2エクスペディション その3」の記事はコチラ)

天気も良かったので…
P1020200.jpg
今回は船体布を広げての外作業です。


本日の修理箇所はココP1020201.jpg
船体布の内側。
長方形の「何かが張り付いていた痕」がありますねー。

フレームガイドと言えばいいでしょうか、
K2の船体布には、フレームの定位置を知らしめるゴムスポンジが5箇所あります。
これは、そのうちの1箇所の痕跡です。

今回はそのフレームガイドの再生を行ないます。


要修理箇所は船体布の内側なので…
P1020202.jpg
このようにコクピット部分から船体布を裏返してしまいます。

一箇所を掴んで一気に「引き抜く」でなく、徐々に徐々に正に「裏返す」感じですね。



P1020204.jpg
で、全部裏返すとこんな感じ。

いまいいち解り難いかと思いますが、船体布横方向に補強されています。
これはリブが当たる部分の補強ですねー。

これが今見えているのが裏の証し(笑)


早速、フレームガイドを見てみましょーー。
P1020208.jpg
2枚目の写真のようにスポンジゴムが全て取れている箇所もあれば、
このように残っている箇所もあります。


残っているものは…
P1020209.jpg
残念ながら、撤去対象。。スクレーパーで取ります。


P1020210.jpg
船体布を傷つけないよう注意しながらそぎ落とし、このような状態。


さらに…
P1020212.jpg
紙やすりで残った古いスポンジゴムを削り落とすと共に、接着面を整えていきます。


P1020215.jpg
削り屑を掃除して…


P1020216.jpg
汚れや油分を充分に拭き取ります。

削り屑のおかげで、思いのほか汚れてましたねーー。

接着すべき面の状態や汚れの有無で接着力は変わりますので、
掃除はとても大切な作業です。


P1020218.jpg
古い接着剤も出来る限り除去し、いよいよ新しいスポンジゴムを接着しますが、
その前に場所が大事(汗)


P1020219.jpg
新しいスポンジゴムをガイドにし、接着剤を塗る範囲をマーキングします。


ここまで行なって、陽が傾き辺りも薄暗くなってきてます。
急がねばっ!(汗)


つづく。。。 次回はスポンジゴムの接着です。


**************************************************************

陸中海岸自然歩道の道標


カヤックの旅はもちろんのこと、陸の旅も楽しい陸中海岸


「陸中海岸自然歩道」

震災の影響で通れない部分もありますが、今も素晴らしい風景はそこにあります。


機会あれば、ぜひ歩いてみてください。

http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?nd=299&of=1&ik=3&pnp=59&pnp=263&pnp=299&cd=24526
(↑ 陸中海岸自然歩道の情報はコチラ)


あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


Submit Comment


Trackback URL:

トラックバック機能は終了しました。



MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode